本文へスキップ

想像から創造へ、未来を開拓するテクノロジスト企業

TEL. 053-587-5301

〒434-0044 静岡県浜松市浜北区内野386番地

会社方針CONCEPT


会社方針


理 念
 想像から創造へ

社 訓

一 まず挑戦、そして学び、成長しよう。
一 常に考え、常に改良し、常に発展しよう。
一 良い製品を作り、良い品質を作り、良い評価をもらおう。
一 愚痴は得なし、頭を使い、手を使い、前を見よう。
一 ルールを守り、社会人としての自覚を持とう。
一 社会的意義のある会社を目指そう。


 会社概要

CEO

当社は昭和37年オートバイ用車輪の組み立てにより産声をあげました
その後、時代の変化とともに試行錯誤を繰り返し、現在では「工機事業部」と「アルミ事業部」の2つの事業部から成り立っています。
「工機事業部」は精密冶工具の設計製作や省力化機器等の製造を行い効率化を求めるお客様の声を反映し、満足いただける製品づくりを目指して、日々活動しています。
「アルミ事業部」はアルミ成形品(鋳造品)のバリ取りから外観仕上げ、ショット、機械加工を行っています。一貫した生産体制でお客様に安心して任せていただける、品質と技術を日々追求しています。

 


会社沿革

1962年
浜北市内野にオートバイ用車輪組み立てにて個人創業
1967年
資本金150万円にて合資会社 横田輪業設立 (代表社員 横田忠福)
1971年
東工場完成
1975年
アルミ成形品のショットブラスト導入
1978年
冶工具・各種専用機の製作開始(工機事業部の開始)
1979年
車輪組み立て廃止。同年二輪部品加工に進出(量産事業部の開始)
1981年
冶工具専門工場(西工場)建設
1982年
NC旋盤、各種研磨機器導入
1984年
マシニングセンター、冶具研削盤導入
1987年          
バリ取りロボット周辺機器製作・販売
1988年          
含浸自動搬送ライン製作(含浸事業開始)
1989年            
平行型チャック製作・販売
1998年
3次元測定器(東京精密製)導入
2007年
センタリングマシンの製造開始
2009年  
含浸事業廃止 ボディフレーム等の外観仕上げライン拡張
2013年  
自転車プロジェクト開始
2018年
会社名を合資会社横田輪業から株式会社横田輪業に変更する 
       
このページの先頭へ

バナースペース

株式会社 横田輪業

〒434-0044
静岡県浜松市浜北区内野386番地

TEL 053-587-5301
FAX 053-586-1126